福祉科

HOME > 福祉科
介護を必要とする方の気持ちと身体を理解したうえで、最適なケアを提供できる介護福祉士を育成します。

高齢化社会の進行にともない、ますます社会的ニーズの高い介護福祉士を育成します。介護や援助を必要とするのは高齢者の方に限らず、介護福祉士の活躍フィールドは多彩です。福祉科では、介護を必要とする幅広い方に対する基本的な介護を提供できる能力の修得と国家資格の取得を目指します。そのためにカリキュラムを「介護」を中心に「人間と社会」「こころとからだのしくみ」という3領域と「医療的ケア」及び独自の教科から編成し、介護福祉士として必要な知識と技術をバランス良く身につけるカリキュラムを構成します。

取得資格

介護福祉士 介護を必要とする方の様々な日常生活をサポートする知識と技術を有する専門資格です。
専門士(称号) 一定要件を満たす専修学校を修了した者に授与される称号です。専門知識と技術を身に付けた証です。4年制大学への編入も可能です。

「社会福祉士及び介護福祉士法」の改正により、2017年度から養成施設卒業者も介護福祉士国家試験を受験します。

【取得目標資格】 

  • レクリエーション・インストラクター

カリキュラム

介護を必要とする幅広い利用者に対する基本的な介護を提供できる能力を身につける。

人間と社会 人間の理解
社会と制度の理解
生活の情報処理
民法
経営学
地域福祉論
表現の技法
介護 介護の基本Ⅰ・Ⅱ
コミュニケーション技術
生活支援技術Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
介護過程
介護総合演習
介護実習Ⅰ-1
介護実習Ⅰ-2
介護実習Ⅱ-1
介護実習Ⅱ-2
こころとからだのしくみ 発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
こころとからだのしくみ
医療的ケア 医療的ケア  

【独自科目】

基礎教養
レクリエーション指導法Ⅰ・Ⅱ
音楽とリトミック
音楽と生活
国家試験対策

実習スケジュール

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、障害者支援施設、グループホームやデイサービスなどで450時間(約10週間)授業の進度や就職との関連から3段階に分けて実習を行います。

Step1:1年次1~2月(90h以上)

デイサ-ビス/

通所リハビリテ-ション

グル-プホ-ム

小規模多機能型施設

地域密着型介護老人福祉施設

  • 利用者の理解
  • コミュニケーションの実践
  • 多職種協働の実践
  • 介護技術の確認 他
Step2:2年次5~6月(180h以上)

特別養護老人ホーム

介護老人保健施設/障害者支援施設

障害児入所施設/救護施設

  • 介護計画の作成
  • 介護計画実施後の評価
  • 介護計画の修正 他
Step3:2年次10~11月(180h以上)

特別養護老人ホーム

介護老人保健施設/障害者支援施設

障害児入所施設/救護施設

  • 介護計画の作成
  • 介護計画実施後の評価
  • 介護計画の修正
  • レクリエーション指導
  • カンファレンスへの参加 他

時間割

  1限目 9:10 ~ 10:40 2限目 10:50 ~ 12:20 3限目 13:00 ~ 14:30 4限目 14:40 ~ 16:10
社会と制度の理解 HR 介護総合演習 介護総合演習
人間の理解 人間の理解 こころとからだのしくみ こころとからだのしくみ
レク指導法Ⅰ 生活支援技術Ⅰ 生活支援技術Ⅱ 生活支援技術Ⅱ
       
介護の基本Ⅰ 介護の基本Ⅰ 発達と老化の理解 介護過程

※5限目や土曜日に授業や行事を行う場合があります。

(例:2020年度前期1年)

先輩からのメッセージ

自分で決めた夢に向かって

Iさん 福祉科

私は、高校進学時に人の役に立つ介護関係の仕事に就きたいと思いました。卒業後の進学先を決める際は、就職率の高さや、オープンキャンパスで優しくてきぱきと動ける学生スタッフの印象から、大泉保専を選びました。資格取得に向けての勉強や実習はとても大変ですが、同じ夢を持つ友達や先生方と過ごすことは目標に向かっていく上でとても励みになります。自分で決めた夢に向かって、専門的な知識と技術を習得し理想の介護福祉士になれるように頑張ります。

友人から始まる福祉の一歩

Mさん 福祉科

私には障害を持っている友人が2人います。昔の私は友人の力になれることが無く、とても悔しかったです。そんな思いから、介護福祉士の養成に歴史のある大泉保専を選びました。専門的な知識や技術を学び、彼らと同じような方達に、一般の人と同様の生活を送ることができる支援をしていきたい。人の役に立つことが嬉しいという思いを大切にし、それを行うことの出来る介護福祉士を目指し、一つ一つ努力していこうと思います。