福祉科

介護を必要とする方の気持ちと身体を理解したうえで、最適なケアを提供できる介護福祉士を育成します。

高齢化社会の進行にともない、ますます社会的ニーズの高い介護福祉士を育成します。介護や援助を必要とするのは高齢者の方に限らず、介護福祉士の活躍フィールドは多彩です。福祉科では、介護を必要とする幅広い方に対する基本的な介護を提供できる能力の修得と国家資格の取得を目指します。そのためにカリキュラムを「介護」を中心に「人間と社会」「こころとからだのしくみ」という3領域と「医療的ケア」及び独自の教科から編成し、介護福祉士として必要な知識と技術をバランス良く身につけるカリキュラムを構成します。

取得資格


介護福祉士

介護を必要とする方の様々な日常生活をサポートする知識と技術を有する、専門資格です。


専門士(称号)

一定要件を満たす専修学校を修了した者に授与される称号です。専門知識と技術を身に付けた証です。4年制大学への編入も可能です。


「社会福祉士及び介護福祉士法」の改正により、平成29年度から養成施設卒業者も介護福祉士国家試験の受験資格となります。

なお、養成施設を平成29年度から平成33年度末までに卒業する方は、卒業後5年間介護福祉士になることができます。この間に国家試験に合格するか、卒業後5年間続けて介護の業務に従事することで、5年経過後も介護福祉士の登録を継続することができます。

【取得目標資格】 

レクリエーション・インストラクター

カリキュラム

介護を必要とする幅広い利用者に対する基本的な介護を提供できる能力を身につけます。

「人間と社会」の領域

介護実践の基盤となる人間の尊厳と自立、地域、社会のしくみについて理解を深めます。

【教科】

●人間の理解 ●社会と制度の理解 ●地域福祉論 ●民法 ●経営学 ●表現の技法 ●生活の情報処理

「介護」の領域

個別性を尊重し、生活上の支援を行うための基礎となる介護技術を習得します。

【教科】

●介護の基本 ●コミュニケーション技術 ●生活支援技術 ●介護過程 ●介護総合演習 ●介護実習

「こころとからだのしくみ」の領域

人体のこころとからだの基礎知識から病気や障害について学びます。

【教科】

●発達と老化の理解 ●認知症の理解 ●障害の理解 ●こころとからだのしくみ

医療的ケア

喀痰(かくたん)吸引や経管栄養等について基礎的知識や手技の方法を身につけていきます。

独自の教科

独自のカリキュラムで、幅広い教養を身に付けます。

【教科】

●基礎教養 ●国家試験対策 ●レクリエーション指導法 ●音楽とリトミック ●音楽と生活

実習スケジュール

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、障害者支援施設、グループホームやデイサービスなどで450時間(約10週間)授業の進度や就職との関連から3段階に分けて実習を行います。

時間割

(例:平成29年度前期1年)

先輩からのメッセージ

これからの介護を支えたい

Wさん  福祉科

私は、誰かの役に立つ仕事に就きたいと思い、いくつかの職業を検討しました。医者や看護師など人のためになる仕事ですが、どれも私に合う職業ではないと感じていました。介護福祉士という職業を知ってからは、私に合うと思い、もっと専門的に学びたくて、大泉保専に入学しました。実際に授業の90分間を受ける中で、利用者の方が日常生活を送る上で不自由な部分を支援していくことや、実技の授業では介護する側の体の負担を軽減させる介助方法など、今までの高校時代とは違った授業を受けています。新しい発見もあり、毎日とてもやりがいを感じながら学んでいます。これからの介護は、自分たちが支えていくという気持ちで、クラスメイトと一緒に頑張っていこうと思います。

利用者から信頼される介護福祉士になる

Rさん 福祉科

中学生の時に祖母が体調を崩してしまったので、私が看病をしていました。その時祖母か言われた「ありがとう」という感謝の言葉に感動し、もっと人の役に立つことをしたいと思い介護福祉士を目指しました。初めての実習では、施設の雰囲気を感じたり、職員の方が行っている支援方法を直接目で見て確かめたりし、学校での学びを実践することができました。また、介護の楽しさや大変さも経験し、相手に対する思いやりと尊厳の気持ちを大切にして、信頼関係を築いていくことも学びました。その人らしい生活を支援し、利用者から信頼してもらえる介護福祉士になるのが夢です。